転職の志望動機の書き方を教えます

転職、それは終身雇用が崩れつつあるこの国には身近にあるものです。会社の業績が悪くなるといつ来るやもしれない肩叩き、そう、リストラに備えなければ生きる術はありません。
そこで、自分の身を守るために行う転職という手段も必要です。近年、求職者1人に対して企業が募集する求人が増えてきており、求職者にとって有利な立場になりつつあります。とはいえ条件の良い企業には求職者の応募も殺到するわけで、その戦いに勝ち抜いていかなければならないのです。その戦いの末に採用が待っています。採用までは幾つかのステップが求職者に課せらせます。企業のサイトにエントリーから履歴書・職務経歴書の提出、一般常識や適性試験、複数回の面接という長い道のりを経て晴れて採用というスタートラインに立てる事が出来るのです。
転職でよく問われるのが志望動機です。企業は応募者にこれまでの経歴とこれからの活躍するための考えなどを重要視し、面接で質問してくる事が多いです。そこで、いかに自分が答えやすい質問をさせるかが重要になってきます。これは提出している履歴書・職務経歴書から志望動機に注目してもらうように書き方を工夫する事が大切です。募集企業のホームページなどを見てどのような人材を必要としているのか、また、募集職種を見てどのような性格が適しているのかを想像して志望動機を導き出す作業が効果的です。
志望動機がまとまれば、それに対する答えを考えます。これは意外と簡単で、企業のホームページなどで書いてある人材に自分が適しているというアピールをすることです。前述の作業とは逆で、企業に注目してもらった内容を素直に答えるだけです。これは必要とされている人材の人物像に近づける答えを前もって準備しておけばいいだけなので難しくはありません。
しかし、待遇がいいからといい、どうしても採用を勝ち取りたいがために無理やり企業の募集する人材になりきることは危険です。あくまで転職とはスタートラインに立つための手段で、今後偽り通すためには無理があるためです。