アパレルへの転職でアピールしやすい志望動機の書き方とは?

アパレル業界はファッションに敏感な若者に人気の職種です。一口にアパレルに転職すると言っても、アパレルは企画・デザイン・製造・販売の分野に分かれていて、それぞれの分野でアピールするポイントは異なります。最近では、同じ会社が企画から販売まで一手に請け負うSPA(製造小売)という業態も増えてきました。アパレルへ転職する際に効果的な志望動機の書き方を考えてみましょう。

なぜアパレルに転職しようと思ったか

アパレルは華やかな業界ですが、大変なことはいろいろあります。企画やデザインでは流行を先読みしたり、流行を作り出すアイデアを次々に湧き出させなければなりません。販売はほとんど立ちっぱなしで商品が詰まった重いダンボールを運ぶ必要もあり、アルバイトや契約社員の多い中で正社員として働くには気力も体力も求められます。その大変さが分かった上で、それでもアパレルをやりたいと思う熱い気持ちを志望動機に込めましょう。

なぜこのブランドを志望したか

転職先の企業は、応募者が数あるブランドの中でなぜこのブランドを選んだのかに関心を持ちます。そのブランドのファンであるだけでは志望動機としては弱いのです。転職を希望するブランドや企業についてよく調べ、その会社独自の取り組みやそのブランド独自のセールスポイントを把握し、自分が相手企業の理念や方針にマッチする働きができることをアピールしましょう。

相手に訴える書き方では志望動機の結論が最初にくる

相手企業にアピールするには、アパレルで自分がやりたいと思っていることを一言でまとめ、それを志望動機の一番最初に書くのが鉄則です。次に志望動機の理由を具体的に記述します。短いエピソードや具体的な数字を盛り込むのも良いです。さらに、その希望を実現するために、このブランド、この企業でなければダメな理由を加えます。自分の能力や資格が入社した後どのように会社の利益になるか、どのように企業の発展に貢献していきたいか、意気込みを書いて締めましょう。