月別アーカイブ: 2016年9月

転職の志望動機の例文を徹底解説

転職を希望する人が履歴書を提出する際に一番気を使うのは志望動機です。逆に企業側も志望動機からその人の真剣度合いを読み取るために重視します。転職サイトでも特集を組んで適切な記入方法を記載しますが、それが一般的になり逆に企業側からすると普通に見えてしまうことが多いです。例えば例文として多く記載されているのが、募集している職種が自分が今まで経験してきたものとマッチしているという表現です。企業側が求めている人材と自分がおこなってきた仕事の経験が合致しているために転職すること自体は悪くありませんが、あまりにも抽象的で主体性に欠ける記載と言えます。企業側が期待している志望動機としては、その経験してきたことが、企業に転職することでどのように活かしていけるかどうかという部分が知りたいのです。その部分を具体的に記載する方が説得力があります。例えば企業側が経理の原価計算担当者を募集しているとします。すると応募する側としては、今の企業で原価計算を担当していたのでその経験を活かせると記入しがちですが、それだけでは不足なのです。例文としては、今まで原価計算を担当してきて、原価を下げるための提案をしてきて利益を出せる体制を構築した、とか、または原価計算の結果をわかりやすい図を交えた実績表を作成して現場担当者にフィードバックしたことで現場担当者の原価に対する意識が変わったとかという実績をあげて、そういうことを転職しておこないたい、積極的に経営に関与していきたいという部分を志望動機として企業側としては期待しているのです。原価計算担当者という求人に対して、業務としてはいろいろと考えられます。企業側も細かく記載することはしないのが普通です。あまりに細かく記載するとそれだけをしてもらう求人という狭い業務で募集することになるためです。そのため応募する側で、その業務に対する自分の経験としたいことを具体的に記載することで企業側が求めている人材か否かが把握しやすく、アンマッチを防止することもできます。